1. TOP
  2. 挙式のみの参列!服装やご祝儀はどうする?

挙式のみの参列!服装やご祝儀はどうする?

 2016/04/25 ご祝儀 服装
  38,114 Views

ここ数年、
挙式のみを行うカップルが
増えていることはご存じでしょうか?

両親の問題や
派手な披露宴は好まないというカップルや、
披露宴は予算上厳しいというカップルが
増加しているからこそ
挙式のみの結婚式は増えています

だからこそ知っておきたいのが
挙式のみの結婚式のマナーです。

あなたは挙式のみの結婚式に呼ばれた時、
どんな服を着ますか?

以前私の友人で
披露宴を行う時と同じ格好をして行って
浮いてしまったという事を聞きました。

あなたは大丈夫ですか?
ご安心ください。

今回のこの記事で
男の服装
女の服装【妊婦さんの服装】を
しっかりとお教えします。

そして一番気になるのは
ご祝儀ではないでしょうか?

挙式・披露宴の定番は3万円ですよね?

では挙式のみの時は同じでしょうか?

挙式のみの結婚式に呼ばれた際、
あなたが安心して
当日ご友人を祝福できるよう、ご説明します。

Sponsored Links

絶対に浮かない服装はコレ!!

・男
suit-portrait-preparation-wedding-large
結婚式に参加する場合、
黒や紺、グレーなどの略礼服での出席が基本です。
白やピンクなどのカラースーツや
仕事などで使っているストライプが
入ったスーツは原則としてNGです。

シャツはもちろんです。
ネクタイは黒いネクタイは弔事用とされているので、
白やシルバー等の明るいものを選びましょう。

靴下は黒の物を履いていきましょう。
ここまで完璧に揃えて、
靴下見えないから
くるぶしソックスにしてします方がいますが、
見えていまよ。

ふとした瞬間に見える靴下。
そこでくるぶしなんて、
あの人と笑われてしまいます。

2次会等のカジュアルのパーティーの場合特に指定はありませんが、
結婚式というフォーマルな場では
きっちりとした服装でお祝いしましょう。

・女
IMG_8283
フォーマルドレスは、
パーティー、披露宴に着ていく物なので
挙式のみの結婚式の場合
少し浮いてしまうかもしれません。

だからと言って、
挙式は神聖な近いの場です。

カジュアルになり過ぎてもいけません。
ではどういった服装がいいのか。

おススメなのが、
袖のあるワンピースドレスや、
明るい色のツーピース、
綺麗めのスーツです。

胸元に華やかな雰囲気のコサージュをつけたり、
小物を少し華やかにしたりして
フォーマル感を出しましょう。

ワンピースであれば
妊婦さんもお腹周りはゆったり出来、
当日も楽に過ごせます。

ただ、冷えに対する対策は忘れないでください。

お腹を冷やさないよう
ハラマキをしたり腰にカイロを貼ったり、
ストッキングをなるべく分厚いものにしたり等、
自分の体もきっちりと守ってあげて下さいね。

一枚羽織るものを持っていくのも
いいと思います。

Sponsored Links

ご祝儀いくら包むのがベスト?

7275489d1802d4cab5fe4b48eae4fb9f_s

ご祝儀は一般的に新郎新婦側から
「ご祝儀辞退」というお知らせがあることが多く
当日会場で受け取らないということが存在します。

ただ、そのような案内があるかないのかは
当日行ってみないと分かりません。

だからこそ、
ご祝儀は持参することをお勧めします。

相場の金額として
1万円を包むのがベストでしょう。

あまり多すぎると新郎新婦が
かえって気を使ってしまいます。

間柄の良い友人で
もう少し包みたいとお考えの方は
是非プレゼントを渡してあげましょう。

最後に・・・

いかがでしたか?
ご参考になりましたか。

なんといっても結婚式は
他の人まで幸せにしてくれる幸せな場!

当日しっかりとおめでとう!の気持ち伝えて
精一杯の祝福をしてあげましょう。

Sponsored Links



いちご鼻・頭皮の匂いが不安な人必見!

メイク落としをしても
落としきれないメイクカス・汚れがあるのを
ご存知ですか?

そんな時にオススメなのは、
『エマルジョンリムーバー』です。

このリムーバーを、
シュッシュっと顔にスプレーするだけで、

・メイク落としで落ちきらなかったカスが落ちる
・鼻の黒ずみ・いちご鼻が解消される
・頭皮の脂の匂いを解消してくれる

などの効果が実感されるとTVや雑誌で人気なんです。

⇒『エマルジョンリムーバー』を
最安値で買う方法を確認する♪




Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

WEDDING JOURNALの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WEDDING JOURNALの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sho-to

sho-to

現在イヤイヤ期真っ最中のわがまま娘を持つ
子育て中のママです。

以前はウェディングプランナーとして様々な経験を経てキャリアを積んできました。
私自身子供ができてからも、子連れで結婚式に招待されることも多く、当時ではあまり気付かなかった小さな疑問など、立場が変わって色々と経験するようになりました。

プランナーとしてのアドバイスは元より、子連れママとして、余興や受付を頼まれた友人として、さまざまなアドバイスを WEDDING JOURNALで知識を皆様にご紹介できればと思っております♪

コメントを残す

*

CAPTCHA