1. TOP
  2. 海外挙式のご祝儀の相場は?もらえないってホント?

海外挙式のご祝儀の相場は?もらえないってホント?

 2016/04/27 未分類
  7,222 Views
IMG_3242

憧れの海外ウエディング

青い海と空に包まれるリゾート地もいい。
歴史あるアンティークな教会があるヨーロッパもいい。

…なーんて、新郎新婦にとっては楽しいイベントでも、
招待された側は「楽しみ半分、不安半分」ではないでしょうか?

“海外挙式にお呼ばれされた時のご祝儀の相場は?”
“そもそも旅費は?お断りする場合の常識は??”など

今回は海外挙式に招待されたゲストが知りたい、
あれこれをまとめました(/・ω・)/♪

Sponsored Links

 


▲本当に美しい、ハワイの景色。どうせ行くなら旅行気分でGO☆彡

交通費はもらえない!?ご祝儀の考え方&相場

fashion-woman-cute-airport-medium

海外挙式の際、ゲストが気になるのはご祝儀と交通費のこと。
その考え方と、ご祝儀を渡す場合の相場を見ていきましょう☆彡

考え方

新郎新婦が海外挙式にゲストを招待する場合、
「旅費(=渡航費・宿泊費)を誰が負担するのか?」が
ご祝儀の有無を決定する大きなポイントになってきます。

一般的な考え方は大きく分けてこの2パターン。

  • 新郎新婦が旅費負担、ゲストからのご祝儀を受け取る
  • 旅費はゲスト負担、新郎新婦はご祝儀を辞退する

本当は招待したいゲスト全員の旅費を新郎新婦が負担して、
国内挙式の感覚で気軽に参列してもらえれば良いのですが、
新郎新婦の本音はこう。

  • わざわざ遠いところ数日の休みを取って来てもらうのだから
    せめて旅費はこちらで負担して、旅行気分で楽しんで欲しい
  • 国内で結婚式が遠方になるのは居住地の関係で仕方ないけれど、
    海外は新郎新婦の好みだから旅費を払ってもらうのは申し訳ない
  • 国内挙式なら遠方ゲストにはお車代を渡すのが一般的

→でも参列者全員分の旅費を出すのは予算的に厳しい

そこで、いま多くの新郎新婦が選択しているのが
「旅費はゲストが負担」「その代わりにご祝儀は辞退」
という方法です。

招待するスタンスとしては「旅費は自己負担になるけれど、
それでも良いのなら旅行だと思って参加してね」と
決定権をゲストに委ねた形で、強制ではないのが特徴。

そして旅費を自己負担してでも参加してくれるのであれば、
参加してくれること自体がお祝い代わりで、
更にご祝儀までもらえないという考え方です。

基本的には最初に新郎新婦からはっきりと伝えるものですが、
話がハッキリしないまま参列するのはトラブルの元に。

海外挙式に招待されたら、
新郎新婦がどのようなスタンスで招待しているのか?を確認し、
出欠の返事をする前に、旅費の負担方法を明確にしておきましょう。

金額の相場

旅費がゲストの自己負担の場合は、
ご祝儀は用意しなくても良い場合が多いことがわかりました。

では、交通費が新郎新婦負担だった場合のご祝儀は
どの程度の金額を用意すれば良いのでしょうか?

住んでいる地域の習慣や当人との関係性などもありますが、
基本的には「国内での結婚式のご祝儀と同じ感覚でOK」。

関係性別に相場を確認してみましょう。

Sponsored Links

兄弟

家族分は旅費を新郎新婦が負担する事が多いので、
ご祝儀は必須と考えて。

既に別で世帯を構える既婚者の場合は夫婦で7~10万円
独身で参列する場合は5~10万円くらいが妥当。

学生さんや若い兄弟であればご両親が代わりに
家族全員分として準備する場合もあります。

それとは別にお祝いの気持ちを表したい場合は
1~3万円くらいの品物をプラスして。

また、複数の兄弟がいる場合
「誰かが結婚した際に兄弟間での祝儀はお互いに無し」など
ルールがある場合も。

もし家族・兄弟も旅費が自己負担の場合は
一般参列客と同じくご祝儀なしで良いのか?など、
他人だったら遠慮しがちな金銭面のお話ですが、
家族間ではきちんと事前に話し合ってみても◎

 

親族

親族の場合も、家族の場合と同じく
自由参加というよりも“参加せざるを得ない”ので
新郎新婦が交通費を負担するケースが多いよう。

祖父・祖母は10万以上おじ・おばは5万以上が相場でしょう。

ただ、新郎新婦と同年代のいとこではなく、
祖父・祖母やおじ・おばなど目上の立場の場合
若い新郎新婦の負担を減らすために
旅費分としてご祝儀に少し金額を上乗せする場合も。

また、親族間の暗黙のルールや通例があるので
他の参列する親族と事前に話しをして
ご祝儀の額はある程度そろえるのがベター。

 

いとこ

新郎新婦と同年代くらいの場合が多いため、
基本的には一般的な友人ゲストと同じくらいの額で問題なし。

独身の場合、20代なら3万、30~40代は5~8万くらい。
夫婦で参加なら5万以上15万以内くらいを目安にして。

また、基本的には家族ぐるみの付き合いであるはずなので
実家暮らしで独身の場合は両親分のご祝儀に含まれている
ケースも多々あります。

そのため、いとこの結婚式に招待された場合はまず
自分の両親にご祝儀について相談してみるのも良いでしょう。

両親の包むご祝儀に一緒に含めるのなら別途渡すこともありません。

 

友達

国内でのご祝儀と同額くらいであれば3万円
余程仲が良い場合や夫婦で参加する場合は5万円が相場です。

また、自分が先に結婚している場合
その時にもらったご祝儀額に合わせましょう。

ただ、旅費を新郎新婦が負担する場合
それなりに高額な旅費を負担していることになるので、
一般的なご祝儀に+αとして多少金額に色をつけたり、
5千円~1万円程度のプレゼントを準備しても良いでしょう◎

また、「旅費実費の代わりに、ご祝儀は不要です」という場合も
“何もなしというわけにはいかない”と思われるなら
結婚式の前後に1万円程度の商品券や品物をプレゼントしても。

ただ、どちらも“気持ち”で、ルールやマナーではないので
基本的には国内と同じ額でも失礼にはあたりません。

それに日程的、身体的にもゲストの負担は大きいですし、
交通費・宿泊代以外にもお金がかかる事は
新郎新婦もわかっているので、
気を遣わずにお言葉に甘えても問題ありません。

ご祝儀を包む場合の注意

海外挙式でご祝儀を包む場合、挙式の前後どちらか
必ず日本国内で渡すようにしましょう。

一人分のご祝儀ならまだしも、新郎新婦が
数名分の多額の現金を持ち歩くのはとても危険

またプレゼントの品物を渡す場合も旅先で渡すと
大荷物になってしまうので、日本で渡すようにしましょう。

 

Sponsored Links

 

参列しないという選択もある

b5b0b0d725f20d27c853d0565e592d88_s

海外挙式に誘われたけれど、旅費が自腹なのは正直痛い…
そんな場合はお断りするのもひとつの方法です。

基本的に海外挙式への招待は国内での挙式披露宴とは異なり、
「もしも可能なら」というスタンスで声をかけるのが一般的。

経済的な負担の有無などについても
招待の時点ではっきりと知らせてくる場合がほとんどで、
無理を感じる場合にはお断りしても失礼にはなりません。

「旅費の負担があるなら行きたい」
「旅行を兼ねて自腹を切ってでも出席したい」など
様々な考え方があります。

旅費が自腹なら行きたくないと思う相手ならお断りする、
逆に旅費を自腹で払ってでもお祝いしたいなら参列する。

とてもシンプルですが、後々自分自身の心に
モヤモヤを残さない一番の判断基準です(^^)

お断りする理由としては
「経済的な理由」や「休暇が取れない」など
角が立たない程度にやんわりとお伝えしましょう。

また、参列しなくてもお祝いだけ渡す方法も。

その場合は友人であれば現金1万円+品物
親族関係であれば3~5万円くらいの現金が一般的なよう。

 

期待しないのが一番!?お返しの考え方も様々

a0002_009255

「海外挙式にゲストとして参加したのにお返しがない!」
という怒りやグチの相談、とっても多いんです(~_~;)

正解がないだけに新郎新婦も悩むところですよね。
ごく一般的な考え方はこう。


旅費:新郎新婦負担、祝儀:あり

披露パーティなどがあって食事や引出物
新郎新婦が負担するならそれがお返し代わり。

パーティがなくても旅費が高額なので、
基本的には半額などのお返しはない

Sponsored Links

旅費:ゲスト負担、祝儀:なし

こちらの場合も 「旅費は自己負担でも良ければ参加して」
「その代わり祝儀は辞退します」という前提での招待なので、
半返しなどの正式なお返しはないことが多い。

ゲストも「旅行に行ったつもり」と割り切って。

このように、何かと高額な費用が掛かりがちな海外挙式では、
国内披露宴のような引出物や半返しの内祝いなどは
無いことが多いようです。

それでも帰国後、新郎新婦から何も音沙汰がなければ、
「わざわざ海外まで行ったのに、お礼のひとつもない!」と
ゲストの不満が爆発してしまうことも。

そんな事態を回避するために、新郎新婦は
挙式当日には邪魔にならない小さなプチギフトをプレゼントし、
帰国後は時間をあけすぎず、簡単なお土産や品物・お菓子などに
お礼状とゲストと一緒に写っている挙式の写真などを添え
感謝の気持ちを表しましょう。

但し、一般的な相場をこえた高額なご祝儀を頂いたり、
旅費を自己負担してもらった上にご祝儀を頂いた場合、
参加しないのにご祝儀だけ頂いたなどの場合は
きちんと相応分のお返しは必要です。

 

まとめ

DSC09757

  • 旅費とご祝儀の関係は主にこの2パターン
    1)新郎新婦が旅費負担、ゲストからのご祝儀を受け取る

    2)旅費はゲスト負担、新郎新婦はご祝儀を辞退する
  • 新郎新婦との関係性によってご祝儀相場は違う
  • ご祝儀やプレゼントは挙式前後に日本で渡す
  • 判断基準はシンプル
    旅費が自腹なら行きたくないと思う相手ならお断りする、

    逆に旅費を自腹で払ってでもお祝いしたいなら参列する。
  • 新郎新婦からのお返しに過度な期待をしない

いかがでしたか?

その日だけは新郎新婦は海外セレブのように、
開放的な気分に浸れる素敵な海外挙式。

でも、新郎新婦自身も招待するゲストも日本人なのであれば
やはり招待する側もされる側も
日本流のおもてなしや気遣いが必要なようです。

特に親戚関係は、今後のお付き合いに影響が出る可能性も。

新郎新婦が心から楽しめて、ゲストは気持ちよく祝福できるような
海外挙式を目指しましょう♡

Sponsored Links



自分に合うパートナーにまだ出会えていない人必見!

結婚式に参加するのは楽しい♪と思う反面、

・自分の結婚のことを考えると心が沈む
・本当に真剣に考えている人と出会えないと意味がない
・婚活に取り組んでいるのに上手く行かない

などの悩みはありませんか?
けど、自分ひとりじゃ、何をどうしたらいいかもわからない

そんなあなたにはズバット結婚サービス比較がオススメです。

自分の生活環境の中で出会える人には限界があります。
自分に合ったパートナーを見つけるには積極的に行動しないと見つからないものです。
ズバット結婚サービス比較なら

・入会金などの費用が安い相談所を探せる
・再婚やシングルマザー向けのプランなど自分に合う場所を探せる
・安心して任せれるアドバイザーを探せる

簡単な入力で資料請求できるのですぐに手元に届きます。(3日程度)


ズバット結婚サービスで自分に合うパートナーに出会う♪

\ SNSでシェアしよう! /

WEDDING JOURNALの注目記事を受け取ろう

IMG_3242

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WEDDING JOURNALの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

木村麻衣

木村麻衣

関西のホテルでウェディングプランナーとして勤務し、
結婚・妊娠を機に退職。
現在は専業主婦となり、子育て奮闘中の一児の母。

自身の結婚式も控えており、
元プランナー&現花嫁&新米ママ&主婦目線での
リアルなお役立ち情報を発信します♪.*