結婚式の費用の内訳はどのくらい?損をしない見積書の見方【完全版】

結婚式場から出された見積書。

内訳を見てもよく
分からない項目もあるし、
この金額が妥当なのかも分からない。

これって困りますよね。

実は私も、
初めて見積書をもらった時は
イマイチ分からず、
ゼクシィで働く同僚に
色々と聞きまくっていました(^^;)

そんな訳で今回は、
お悩みの皆さんに代わって
結婚式の費用の内訳
徹底調査しました!

内訳の平均金額から
見積書には載らない
自己負担金額まで詳しくリサーチ。

賢く自分達らしい結婚式を挙げたい
カップル必見です。

それでは早速チェックしてみましょう♪


結婚式費用の内訳を解説!基本内容 編

まずは、結婚式を挙げるにあたって
必ず発生する費用がこちら♪

式場や控室の利用料

●式場利用料…5~30万円
会場や宴席料、席料といった
呼び方をする場合もあります。

料金は、ゲストの人数で変わる
場合と、部屋単位で料金設定
されている場合もあります。

●控室の利用料…1~3万円。
両家別々の控室があり、
親族紹介時に別室へ移動する場合や
大部屋を仕切って両家で1室使い、
親族紹介時に仕切りを外す場合があります。

最近は、両家で1部屋を使う
ケースが多いようです。

挙式にかかる料金

●挙式料10~25万円
キリスト教式・神前式・人前式
といった挙式スタイルで異なります。

人数による価格の変化はありません
一般的には神前式より
キリスト教式の方が高い傾向
があるようです。

なお、以下の項目は、
オプション料金の場合もあるので
見積りに項目がなければ確認すると
いいかも知れませんね。

<挙式装飾・演出>

  • 会場装花
  • 歌(聖歌隊・ゴスペルなど)
  • 生演奏
  • フラワーシャワー
  • ブーケトス

<挙式アイテム>

  • 結婚証明書
  • リングピロー

会場装花は、
造花だと挙式料金に含まれる
ことが多いようですが、
生花にすると追加費用がかかる
ケースもあるようです。

衣装代

●新婦の衣装…45~50万円
●新郎の衣装…16~17万円

新婦の衣装着数は2着の人が7割。

着用数が多い程費用がかかり、
ドレスよりも和装が高い
傾向があるようです。

また、以下の費用が別途かかる場合もあります。

  • 小物・アクセサリー代金
  • 下着類
  • 持込料

小物やアクセサリーは
衣装代に含まれる場合もありますが、
高価なものは
差額が発生する場合もあります。

また、新婦用のドレス用下着や
和装の場合の肌襦袢、
新郎用のシャツや足袋など
肌に直接身につける物は購入になる
ケースが多いようです。

介添料

平均1~3万円
結婚式当日、新郎新婦の身の回りを
サポートする介添人に発生する料金です。

アテンダー料という場合もあります。

結婚式のオプションにはどんなものがある?

さて、ここまでは
結婚式場から出される
最初の見積書に掲載
されている項目が中心でした。

それでは、オプションでつけられる
項目にはどんなものがあるのでしょうか。

料理・飲み物・デザートのグレードアップ

●料理
料理にお金をかけるカップルが
増加傾向にあるせいか、
最初の見積からグレードアップする
こだわり派も多いのだとか。

1人あたりの平均費用は、
1万3000円~2万円だそうです。

料理は結婚式の
印象を大きく左右しますから
お金のかけどころかも知れませんね。

●飲物代
基本は飲み放題ですが、
種類を増やすなどして
グレードアップする場合が多いようです。

1人あたりの平均は
3000~5000円。

ちなみに、乾杯用や
ウエルカムドリンクがオプション
の場合もあるので気になる場合は
確認くださいね。

●デザート
料理だけでなく、
デザートビュッフェを豪華にするなど
ゲストの顔ぶれに合わせて
オプションを追加する場合も多いようです。

演出やムービーなどの映像商品

プロフィール、オープニング
エンディングに流すムービー。

費用は平均5~10万円です。

自作することで価格は抑えられますが、
こだわりがあるのなら
プロに頼むのがベター。

制作費だけでなく、
スクリーン使用料や音響照明など
別途費用が発生する場合もあります。

装花やペーパーアイテムなどコーディネート関連


●装花…5~30万円

飾り方や卓数によって異なりますが
季節の花や緑を使ってボリュームアップ
すると価格は抑えられるかも。

●ペーパーアイテム
招待状…1枚300~600円。
席次表やプロフィールを含め、
自身で制作して持ち込むことも多く
節約のポイントと言えるかも知れませんね。

ウエルカムボードも
自分たちで手作りするケースが
多いようです。

写真やVTRなどの記録商品

●写真…20万円前後
●VTR…15~20万円位

スナップ写真は、納品枚数や
納品方法、アルバムの有無
価格が変わります。

また、データだけ頼む場合
カメラマンの人数によっても
金額は異なります。

結婚式の写真はずっと残るからと
たくさん注文すると、
あっという間に予算オーバー
なんてことにも。

引き出物やプチギフト

●引出物…1人あたり6000~7000円

品数が多い地方では、
費用が高くなることもあります。

また、引出物を入れる紙袋にも
1枚300円程の費用がかかる
ことを忘れずに。

●プチギフト…1人あたり300~400円
お見送りの際に、新郎新婦から
ゲストへ手渡しするプチギフト。

チョコレートやキャンディ等の
菓子類や、入浴剤やハンカチと
いった雑貨が多いようです。

ヘアメイクなどの美容関係

細々と出費がかさむ美容関連。

美容着付け代以外にかかる
主な費用がこちらです。

●お引上げ料…5000~1万円

お引上げ料とは、披露宴終了後に
通常メイクに戻してもらう料金のことです。
美容着付け代に含まれる場合もあります。

●ヘアメイク・リハーサル…約2万円
当日のヘアメイクを決める
ためリハーサルです。
約半数の花嫁が行っているのだとか。
当日の美容着付け代に含まれている
ケースもあります。

●エステ
平均8.4万円。
高い!と思われる方もいるでしょうが、
ボリュームゾーンは2~4万円だそうですよ。

  • シェービング
  • フェイシャルケア
  • 背中やデコルテの美白

といったドレスを美しく着るため
メニューに人気が集まるのが特徴です。

結婚式自体の費用以外にもこんな自己負担が!

結婚式には、見積書には載らない
意外な出費がたくさんあるもの。

予算オーバーにならないためにも、
しっかりチェックしておきましょう。

ゲストへのお車代や宿泊代、お礼など

●お車代…5000~1万円
主賓などに交通費として包むお金です。
自宅から会場までの距離に応じて
支払います。

●お礼…3000~5000円
受付や余興・スピーチ
依頼した方へもお礼が必要。

リングボーイ・ガール
引き受けてくれた
子供へのお礼もお忘れなく。

お菓子や玩具、文房具など
1000~3000円の贈り物でOK。

●宿泊代・交通費
ゲストの交通費と宿泊費は
基本的には新郎新婦側で負担
するのがマナーです。

遠方のゲストが多い場合は、
ホテルウエディングにすると
列席者の宿泊に割引がきく
場合が多いそうですよ。

親族の衣装やヘアセット

●親族の着付け・ヘアセット
着付け代…留袖7500円~
ヘアセット…5000円~

会場での着付けを希望
するゲストがいれば、
新郎新婦側で手配しましょう。

遠方からのゲストであれば、
新郎新婦が費用負担するのが一般的です。

●リングボーイ・ガールの衣装
衣裳のレンタルは5000円~。

外部持ち込みがあれば持ち込み費用

衣裳…1点13万円~
引出物…1点300円~

衣裳や引出物の他に、
外部のカメラマンやヘアメイクスタッフ
依頼する場合は費用がかかる場合があります。

ケーキなどの生ものは持込NGという
事がほとんどなのでご注意下さいね。

両親への花束・プレゼント

●予算…1~2万円

披露宴終盤に、
新郎新婦から渡す贈り物。

実に9割近いカップル
行っているそうです。

花束や出生時の体重で作られた
ウェイトドールが多いですが、
似顔絵や感謝状なども人気のようです。

まとめ

いかがでしたか。

結婚式の見積書には
聞きなれない項目もあって
分からないこともありますよね。

内訳や平均金額が分かれば
費用のかけどころや削りどころも
分かりますから、
より自分達らしい結婚式
実現できるかも知れません。

結婚準備、頑張って下さいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました