1. TOP
  2. 父親としてカッコよく決めたい!結婚式の挨拶文例とは?

父親としてカッコよく決めたい!結婚式の挨拶文例とは?

 2016/04/06 挨拶
  189,374 Views
pexels-photo-14166-large

 

一昔前では、結婚式といえば「両家の結婚」という意識が高く、

結婚式に関わる多くの事柄を両家の親御様が決めていかれた時代もありました。

昨今の結婚式では、新郎新婦が主体で内容を決めていくのが当たり前で、

両親は当日までいったいどんな結婚式になるのか分からない。

といった家族が多くなってきています。

 

しかし…「結婚式の内容は二人が決めたから。」では済まされない大役…。

そう、両家代表の挨拶だけはしっかり親の責任として残っています。

Sponsored Links

 

まず、両立すべき2つのポイントとは!?

 a1640_000110

どれだけ歳を重ねても、女性はいつまでも美しく在りたいと願い、

男性はカッコよく在りたいと願うものです。

両家を代表する父親としても、ここは間違いなくカッコつける場面!

しかし結婚式の謝辞は、ただの一人の男としてのカッコよさにとどまりません。

父親として、そして両家を代表して。という二重の責任を負っての挨拶。

ポイントは…「父親らしさと、両家代表の威厳」の2つを両立させるところにあります!

 

Sponsored Links

外はカリっと中はジューシーな挨拶!

 pexels-photo-medium

構成の作り方はいくつかありますが一番簡単でしっくりくる構成は、

先程述べました2つのポイントを元にして3段階の段落を作ります。

3つの段落を分かりやすく順番にまとめると…

 

① しっかりとした最初の挨拶。そして皆様へのお礼の言葉でビシッと決めます。

②父親として子供をどう思っているか。今日の結婚式をどのように感じているか、

また子供とのエピソードや親しか知り得ない子供のプロフィールなど語り、親としての温かさを出します。

③そして締めは、これもまたシッカリとした言葉で来賓の皆様へ心からの感謝を述べます。

 

つまり最初と最後は両家代表としての責任を持った堅く丁寧な内容にし、

その中間に親としてのやわらかく温かい言葉を挟み込みます。

まさに、ジューシーで温かい親の部分を、

前後のカリッとした両家代表としての言葉でサンドしたような構成。

ただ②は自分の事ばかり話すのはマナー違反。ほかの家族や新郎新婦本人たち、

相手側のご家族や来賓の皆様の事も混ぜて話しましょう。

 

Sponsored Links

 

簡単な例文をご紹介します。

 love-heart-hand-romantic-medium

最初の挨拶

「本日は、皆様ご多用中のところ○○、○○の結婚式披露宴にご列席たまわり、誠にありがとうございます。

私、新郎の父○○でございます。両家を代表いたしまして一言お礼のご挨拶を申し上げます。

先程から皆様の温かいご祝辞や励ましのお言葉をいただき、厚くお礼申しあげます。

 

 

父親として

私ごとではありますが、仕事の関係上、○○が小さいころよりほとんど家におらず、

父親らしい事もなかなかしてやれずにおりました。

子育ては家内に任せっきりで、いろいろ大変な思いをさせたかと思います。

また、息子の○○がここまで育ち、このよき日を迎えられたのは、本日お集まり頂きました

ご友人、ご来賓の皆様の支えがあったからこそと思います。本当にありがとうございます。

そして○○さんを息子が初めて家に連れてきて、私たちに紹介されたのが、確か今から1年ほど前。

本当に笑顔がかわいらしく、気の利く優しい良い娘さん。

きっと○○さんのご両親の育て方が素晴らしかったのでしょう。

初めて会った時に私は…こんな素晴らしい女性はうちの息子の嫁にはもったいない。と思った程です。

 

Sponsored Links

締めの挨拶

しかしながら、この二人はまだ若いもの同士でございます。

新しい家庭を築いて行くうえで、幾多の困難に直面することもあると存じます。

そのような時はどうか、皆様方のあたたかいご指導ご鞭撻を賜りますよう、

何卒お願い申し上げます。

結びに、本日ご列席頂きました皆様方のご健康とご多幸を祈念し、

両家代表のお礼の言葉と代えさせて頂きます。

本日は誠にありがとうございました。」

  

文章を作る上で注意する点は?

 

やはりお祝い事ですので、忌み言葉と呼ばれる禁句は使わないように気をつけましょう。

たとえば「割れる・別れる・壊れる…」など。

しかし意外な言葉も、実は忌み言葉として使わない方が良い。とされているケースがあります。

文例でご紹介した【最初の挨拶】で「本日は、皆様ご多用中のところ…」

と書いてありますが「ご多忙中のところ…」とついつい言ってしまいそうです。

聞く分には分かりにくいのですが…「忙」という字は「心」を「亡」と書きます。

実はこれも忌み言葉に含まれるので注意が必要です。

Sponsored Links



自分に合うパートナーにまだ出会えていない人必見!

結婚式に参加するのは楽しい♪と思う反面、

・自分の結婚のことを考えると心が沈む
・本当に真剣に考えている人と出会えないと意味がない
・婚活に取り組んでいるのに上手く行かない

などの悩みはありませんか?
けど、自分ひとりじゃ、何をどうしたらいいかもわからない

そんなあなたにはズバット結婚サービス比較がオススメです。

自分の生活環境の中で出会える人には限界があります。
自分に合ったパートナーを見つけるには積極的に行動しないと見つからないものです。
ズバット結婚サービス比較なら

・入会金などの費用が安い相談所を探せる
・再婚やシングルマザー向けのプランなど自分に合う場所を探せる
・安心して任せれるアドバイザーを探せる

簡単な入力で資料請求できるのですぐに手元に届きます。(3日程度)


ズバット結婚サービスで自分に合うパートナーに出会う♪

\ SNSでシェアしよう! /

WEDDING JOURNALの注目記事を受け取ろう

pexels-photo-14166-large

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WEDDING JOURNALの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

procrastinator

procrastinator

結婚式関連の仕事をフリーランスとして行っています。
ブライダル業界歴は約10年間、式場やゲストハウスに勤務してました。

現在はその経験を活かしてフリーランスの
ウェディングプランナーとして活動している傍ら、
ライターとしての活動もしています。

男性目線から見たブライダル業界や結婚式、
また現役のプランナー視点での結婚式、披露宴などを
ご紹介ができればと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す

*

CAPTCHA